与路島の観光スポット

与路島の観光スポットについて

❶サンゴの石垣

「島の宝100景」に選ばれた「涼を呼ぶサンゴの石垣」を見ることができます。昔ながらの石垣が残り、歴史が息づいています。 観光するなら集落内散策がおススメです。車両を持ち込む必要はありませ ん。与路島は、戦争遺跡や平家、ノロ伝説が残るシマ(集落)です。無断で山 中などに入らないようご注意ください。

❷サガリバナ小径

たった一夜だけ咲き、夜明けとともに散ってしまう幻の花「サガリバナ」。ロマンがある与路島の夏の風物詩です。そんな儚い花が梅雨明けする頃か ら、与路島各地で咲き始めます。 通常は西表島などでツアーに参加して見に行くものですが、実を言うと与路島でも気軽に楽しめるサガリバナ。 夏の与路島旅行はちょっと早起きして、儚い夏の風物詩を楽しみましょう。

❸砲台

瀬戸内町の大島海峡は穏やかで天然の良港として知られ、戦時、南方戦線 へ向かう艦船などの中継基地として、町内各地に軍事施設が整備されてい きました。第二次世界大戦中、ここ与路島にも潮早(シュビヤ)山一帯に旧海 軍防備隊基地が構築されました。その戦跡は、与路集落から車で山のほうへ 約10分。降りてからもどんどん山の中へ歩いて入ったところにあります。 山道なので歩きやすい服装がおすすめです。

❹アデツビーチ

アデツ浜からは真っ白な浜辺の砂が山の方まで吹き上がって、砂丘の様にみえるハミヤ島や与路島に物資や人を運ぶ船が行き来する光景がみえるビーチです。また、潮がひくと地元のおばあちゃん達がサヤガタイモ貝を拾いに浅瀬を集団で歩くのも与路島ならでわの特色です。

❺与路港

与路港は与路島で唯一の港です。なので、フェリーせとなみ が物資を港に運びに来る時は島民が港に集まるので、島の中心的な場所になります。

❻畑と牧場

与路島は人口が少なく、土地が小さいので島の主な産業は農業や畜産業となっています。集落から少し山の方にお散歩に出かけるとヤギや牛の鳴き声が聞こえてきます。

❼ヘリポート(星空観測)

与路島には自衛隊が作った島を一周できる道路があります。しかし、舗装されていない部分が多く、普通の一般車両で一周するのは難しいです。一周道路の途中には、こちらも同じく自衛隊が緊急患者搬送用に作ったヘリポートがあります。ここから、与路島の綺麗な夜空の星空観測ができます。

❽高原(タカバル)ビーチ

透明度が抜群の高原ビーチは集落から山を一つ乗り越えた島の反対側に位置します。高原ビーチは外洋に面しているの流れが強く、泳ぐのにはあまり適していませんが、のんびりと磯遊びをするには滅多に人もこないので最高の場所です。

❾ガジュマルのトンネル

道路側のガジュマルの木が成長し過ぎて隣の民家に侵食してできたガジュマルのトンネル。人気の与路島のサンゴ石垣と大きなガジュマルの木で出来たトンネルは絶好の撮影ポイントでもありながら、暑い日差しの日に日陰で少し休憩の出来る場所でもあります。

❿コハマビーチ

コハマビーチに行くには少し岩場を超えなくてはいけませんが、地元のおばあちゃんが貝を拾いに大きなカゴを背負って超えられる程度なので問題ないと思います。こちらも、滅多に人がこないプライベートビーチになりますが、港から丸見えなので、船の待ち時間などにこられるのが良いと思います。

⓫クルンマビーチ

クルンマビーチは小石でできたとてもプライベートなビーチです。このビーチからはハミヤ島が綺麗に見ることができます。お友達やご家族と綺麗なハミヤ島が見える景色で磯遊びを楽しみませんか?