NEWS

NEWS

新着情報

2021.7.16

『サガリバナ 一夜限りの線香花火 奄美・与路島で見頃』
 日没前から咲き始め、明け方に落下する夜の花。熱帯・亜熱帯に分布し、日本では奄美大島以南にしか自生しないとされる。
 与路島の集落には戦前に防風林として植えられた樹齢100年を超える約200本が群生する。今年は例年より早めの10日ごろに咲き始めた。今月いっぱいは楽しめるという。
 町は15年、サガリバナを観光の目玉にしようと、群生地に約100メートルにわたって遊歩道を整備した。開花期はライトアップして出迎えている。
 保島豊区長(84)は「サガリバナは集落の宝。コロナが落ち着いたら島外の人も見に来てほしい」と話した。

出典:Yahooニュース

2021.7.7

2021.7.1

(株)TARGET amamiが当団体に加盟しました。

2021.5.25

九州、奄美群島を含む鹿児島県全域の観光団体である鹿児島県観光連盟に私共・与路島請島観光商工連盟が加盟しました。

2021.4.5

与路郵便局・池地郵便局が当団体に加盟致しました。

2021.3.13

アクティビティ事業を展開する(株)NPRツーリズム奄美(本社:瀬戸内町請阿室)が加盟致しました。

2021.2.20

与路島観光協会は奄美大島・瀬戸内町企業誘致第一号の株式会社TARGET DX(本社:鹿児島県大島郡瀬戸内町、代表取 締役社長:立石聡明、以下TARGET DX)との共催で、離島の輸送手段の課題解決として、同町最南端の有人島・ 与路島(人口76名)の与路港と与路島沖の無人島・ハミヤ島や、港から近くに立地しながらも岩場越 えが必要で陸路での往来が困難な綺麗な砂浜のアデツ海岸においてドローンによる物資輸送の実証実 験を実施しました。実証実験の映像はこちら

2021.3.8

瀬戸内町農泊推進協議会による奄美空港、名瀬、古仁屋かんのライドシェア実証実験を3月9日(火)と3月10日(水)に行います。詳細は添付のポスターをご確認ください。
ポスターはこちら
朝日新聞デジタル&M産経ニュース東洋経済オンライン 時事ドットコムPRESIDENT Online

2021.2.20

瀬戸内町農泊推進協議会による、与路港からハミヤ島及びアデツ海岸間でのドローンによる物資輸送の実証実験が行われ、輸送に成功しました。
プレスリリースはこちら
南海日日新聞朝日新聞デジタル&M産経ニュース東洋経済オンライン時事ドットコムBIGLOBEニュースPRESIDENT Online

2021.2.10

今年も与路島に彼岸桜が咲きました。

2021.2.8

与路島でナショナルパークスタイル古民家を展開する(株)ココカラNPR不動産(本社:奄美市)が加盟致しました。

2021.1.27

瀬戸内町農泊推進協議会による加計呂麻島、与路島間のライドシェアが開始されました。
プレスリリースはこちら、ライドシェアの予約はこちら、ポスターはこちら

2020.12.25

請島・請阿室でナショナルパークスタイルコテージを運営する(株)ナショナルパークツーリズムてしかが(本社:北海道弟子屈町)が加盟しました。

2020.8.24

与路島へき地診療所の福澤ゆきの看護師さんを密着取材したNHKのニュースが明日8.25の18時10分からの番組で放送されます。

2020.8.14

与路島へき地診療所の看護師の古仁屋出身の福澤ゆきのさんが与路島にせとなみで赴任され、集落でお迎えをいたしました。

2020.7.4 

与路島ご来島の皆様へのお願い

与路島は人口 76名の老人の多い無医島でして、世界で蔓延するコロナウイルスの感染予防のため、お手数ですがお客様におかれましてはマスク着用・手洗い&うがい、除菌剤での消毒等の励行をお願い致します。 私たちは一日も早く、与路島・奄美大島はもちろん日本中で安心した日々をおくれますことを祈りつつ、今は感染予防に島としてもつとめれればと考えております。 ご理解・ご協力の程、宜しくお願い致します。

2020.6.30

瀬戸内町農泊推進協議会から与路島請島観光商工協会が独立した団体として稼働し初代会長に榮 勝永が就任しました。